会長挨拶

ご挨拶
朝日大学歯学部同窓会
会長 中嶋 正人

 朝日大学歯学部同窓会の皆様には、日々ご健勝にお過ごしのこととお慶び申し上げます。平素は本部同窓会の各事業・運営に関しまして、多大なるご理解とご支援を頂いておりますこと、厚く御礼申し上げます。
 朝日大学歯学部同窓会は今年の春に第41期の卒業生107名を迎え、会員数は約5800名となりました。支部も北海道から九州沖縄まで全国に35を擁する大変大きな組織となって参りました。会員は、本学ならびに他大学で教員として教育、研究に携わり、また、各地の歯科医師会や行政の分野で活躍しています。このように、わが同窓会は、その規模からみても、また会員の活動内容からみても、もはや大きな社会的組織であります。各々の分野で貢献している同窓生の話を聞きますと、本当に心強く思われます。
 さて、今年は昭和52年4月に第1期卒業生231人でスタートした本部同窓会が、創立40周年の節目の年となります。来る平成29年11月18日(土)に岐阜都ホテルにて40周年記念式典・祝賀会を開催します。『懐かしの学び舎、穂積に集まろう』をスローガンに会員の皆様に楽しんでいただくことを第一に掲げて計画を練っております。祝賀会終了後には「クラス会」、翌日には「大学見学ツアー」も企画しております。母校は、私が学生だったころの講義室や実習室、病院の面影は殆んど見られなくなりましたが、学生時代の仲間と共に、あるいはご家族で「懐かしの学び舎」を見学して頂けたらと思っております。また、今回の祝賀会は同窓会費未納にかかわらず一律の参加費を払っていただければ参加可能と致しました。一人でも多くの会員の皆様がこの記念事業に参加して頂き、40周年記念式典・祝賀会を成功裏に導く事が出来ますように、どうかご協力の程、宜しくお願い申し上げます。
 今後とも同窓会会員の皆様には、本部同窓会の活動にご理解を賜り、より一層のご協力の程をお願い致しまして私のご挨拶といたします。 
                                                                (平成29年4月1日)